先輩達の声・新人薬剤師の声

竹石 久美子(新潟薬科大学 微生物学研究室 / 入社1年目)

竹石久美子
入社動機

 就職活動で様々な会社の説明会に参加していく中で、何を基準に会社を選べば良いのかわからなくなっていました。その時にしなの薬局の「部門制度」と「雰囲気の良さ」に惹かれました。部門制度によって社員全員で会社を作り上げていくことで、若いうちから薬剤師業務以外にも様々なことにチャレンジしていける環境に魅力を感じたからです。
 また、説明会の時に社内の雰囲気の良さが一番伝わってきたのがこの会社でした。先輩薬剤師の方々と話をしていくうちに、「ここなら楽しく働くことが出来るかもしれない。」と感じて入社を決めました。実際に入社してみると、やりがいを感じながら毎日いきいきと働いている方が多く、私自身も楽しい同期や信頼できる先輩方に恵まれて毎日充実した日々を送ることが出来ています。

入社後の体験談

 入社後は社会人研修をしてから、店舗研修として病院前とクリニック前を3店舗回りました。充実した研修制度のおかげで幅広い知識を得ることが出来たとともに、先輩方との繋がりも増えてとても貴重な経験ができたと思っています。また、メンター制度により自分の不安や悩みを打ち明ける場所があったのもとても心強かったです。
 投薬の時に、患者様に相談され「ずっと不安だったけど聞けてよかった、ありがとう。」と初めて言われた時に、とてもやりがいを感じたとともに薬剤師の重要性を感じました。もっと勉強して様々な相談に乗ってアドバイスのできる薬剤師になりたいと思いました。

薬学生に向けて就職活動のアドバイス

 しなの薬局は1人1人の意見が届きやすく、やりたい事にどんどんチャレンジできる会社です。薬剤師としてどうなりたいか、何がしたいかの明確なビジョンを持つことで「ここならきっと頑張れる」という会社が見つかるはずです。会社選びに迷ったら是非見学に行くことをお勧めします。

このページの先頭へ

髙瀬 美幸(富山大学 医療薬学研究室 / 入社1年目)

髙瀬 美幸
安心して仕事に取り組めていると感じています。

 私は就職活動中、資格取得後に右も左も分からない状態で薬剤師として働くことに対して漠然とした不安を抱いていました。そのため、「新人へのサポート体制の充実」に重点を置いて説明会を回り、しなの薬局へ就職することを決めました。
 しなの薬局の新人研修では、総合病院前と開業医前の店舗研修を経験できるため、幅広い処方について学ぶことができました。1つの店舗にいると、どうしても処方内容が偏ってしまうため、新人の早い段階でたくさんの処方に触れることができたのは、とても貴重な経験になったと感じています。また、メンター制度があることで、仕事に対する不安や悩みを解決しながら進むことができ、先輩薬剤師との縦の繋がりが持てたことで、よりスムーズに職場に適応することができました。
 しなの薬局での新人1年目を通して、まだ出来ないことは多くありますが、充実した新人研修・サポートのおかげで、安心して仕事に取り組めていると感じています。

 自分が薬剤師として働くことを想像して、不安に思うことや譲れない条件を考えてみてください。そこに重点をおいて、色々な説明会・見学会に参加してみましょう。きっと自分に合う会社が見つかると思います。

このページの先頭へ

羽下 紘嗣(新潟薬科大学 衛生化学研究室 / 入社1年目)

羽下紘嗣
後悔のないように自分に合った会社を探しましょう。

 就職活動をしている中で、調剤薬局はどの会社もそんなに変わらないだろうと感じていました。なので、最初はどこの調剤薬局でもいいという考えでしたが、色々な会社の説明を聞いて、しなの薬局は少し違う雰囲気を感じました。
 まず、縦と横の繋がりが非常に強い会社です。分からないことや悩んでいることを気軽に相談できます。
 次に部門の活動です。部門の活動はいくつかに分かれていて、自分に合った部門を選び、より仕事にやりがいを持てる可能性がありそうだと感じました。
 入社して約1年が経過しますが、今の職場では仕事をするときは仕事をし、休憩の時などは仲良くお話をしています。当たり前のことだと思いますが、その当たり前のことがしっかりとできているということはすごく大切だと感じています。また、自分が失敗をして悩んでいるときも先輩薬剤師の方たちが一緒になって考えてくれます。こんなにも人に恵まれている職場は他のどの薬局を探してもなかなか見つけるのは難しいと思います。今年度から部門の活動も始まるので、さらに気合いを入れて頑張っていきたいです。

 会社によって福利厚生や雰囲気など特徴があると思います。その中で何を一番に重要視するかをまず自分の中で考えて、会社説明や職場見学をするといいと思います。今後何十年と働くことになる会社なので、後悔のないように自分に合った会社を探しましょう。

このページの先頭へ

木我 佳奈子(東邦大学 衛生化学研究室 / 入社1年目)

木我 佳奈子
自分に合った会社を選ぶには自分で現場を見ることが大切です。

 私がしなの薬局に入社した理由は、研修制度が充実していると思ったからです。病院前と開業医前に店舗があり、研修でそれぞれ経験することが出来ました。病院前では薬の種類も多いので、多くの薬について勉強しなければならないのと同時に疾患についての理解も深めていくことの重要性を学びました。開業医前では門前の医師との連携がとても大切だと実感しました。病院前と開業医前どちらも経験できるのは魅力的だと思います。
 まだ入社して間もないですが、薬剤師として日々の勉強することの大切さを実感しています。患者さんからの質問に満足に答えられないことも多く、その都度知識不足を痛感しています。患者さんは私たちにない視点を持っていて、自分を成長させてくれる大切な存在です。患者さんとしっかり向き合って、これから薬剤師としてスキルアップしていきたいと思います。

 就職活動をする上で、自分に合った会社を見つけるには会社説明会や店舗見学に積極的に参加するといいと思います。実際に参加することで、店舗の雰囲気を知ることができ、そこで働く先輩薬剤師の話を聞くことでも会社の雰囲気を知ることが出来ると思います。自分に合った会社を選ぶには自分で現場を見ることが大切です。

このページの先頭へ

企業情報 しなのグループのことを知りたい方へ
採用情報 しなのグループの採用情報のページへ
開業支援 開業をお考えのドクターのページへ