採用情報

採用情報について

このページの先頭へ

しなの薬局グループが求める人材

採用担当リーダー横山貴幸
薬剤師のプロを育てるために
しなの薬局グループでは、一人ひとりが薬のプロであることはもちろんのこと、それ以前に、社会人としてのプロをも目指していただきます。そのための研修はいくつかありますが、代表的な基礎研修をご紹介いたしましょう。
まずは、一社会人としての常識を身につけてもらう「社会人基礎研修」があります。薬剤師である以前に、まずはビジネスマナー等で社会人としての心構えを、しっかりと習得してもらいます。次に各診療科にどのような処方箋がきて、どのような仕事が多いかなどを講義で学ぶ「薬剤師基礎研修」です。さらに、調剤・投薬など、薬剤師としての基本的な業務を「監査基礎研修」にて身につけてもらいます。
悩んだときは先輩薬剤師がフォロー
就職したばかりの新人薬剤師の皆さんは、悩みや心配事が多くて当然のことと思います。でも、決して一人では悩まないでください。しなの薬局グループには「メンタリング」という制度が設けられています。この制度は、新人である皆さんのさまざまな悩みや心配事に対して、先輩薬剤師が相談に乗ってくれるというものです。心強い先輩たちが、必ずあなたの悩みを解決に導いてくれます。
脱! 学生。研修の成果、ありありと
以前、大学の成績も優秀で、薬学的な知識も優れていたのですが、「患者さまのために」という意識が低い新人さんがいました。確かに薬の勉強などは積極的に取り組んでいましたが、患者さまへの対応に関しては、あまり褒められたレベルではありませんでした。しかし、そんな新人さんが、研修を通じ「患者さまの目線」で物事を考えられるようになり、患者さまと周りのスタッフから信頼を得られるようになっていきました。薬のプロ、人としてのプロ。これこそ、しなの薬局グループが求める人材なのです。
私たちが求める人材
ズバリ、薬剤師である以前に、患者さまの立場から物事を考え行動に移せる「人」です。それにはまず、視野を広く持ち、単に保険調剤だけでなく、さまざまな分野においてプロフェッショナルな能力を身につけようと努力を惜しまないという人。つまり、常に向上心を失わず、日々研鑽を続けている人は、ぜひしなの薬局グループで自分を磨いてもらいたいと思います。
私たちはお薬を通して、一人ひとりの命と向き合うことが仕事です。ですから、医薬品の知識が必要なのはもちろんのことです。しかし、その医薬品を使うのは、患者さまという「人」です。だからこそ「人」に対する接し方など、医薬品の知識以外のことも積極的に学ぶ姿勢が必要といえます。常に「患者さまの視点」から物事を考えること。「薬剤師中心」で物事を考えてはいけないのです。

このページの先頭へ

企業情報 しなのグループのことを知りたい方へ
採用情報 しなのグループの採用情報のページへ
開業支援 開業をお考えのドクターのページへ